Profile

ラフ姉しゃん&あこ(母しゃん)

Author:ラフ姉しゃん&あこ(母しゃん)
大阪のサクラソーケンネルからやってきたラフ(♀)
06、9、18生まれで滋賀在住。
体重はリンゴ3つ分??
元気いっぱいで甘えん坊カナ(^-^)?

Age of lafu(ラフ)


*script by KT*

TOP > 未分類 > 『退院3日目元気です!』


~ハンドメイドオークション~
                 
        

退院3日目元気です!

24日の夜、無事にラフが退院しました。

家にに帰って来れました。

本当にいっぱいいっぱい一生懸命がんばってくれました。
がんばったね、ラフ
ありがとう、ラフ。

P1250347.jpg
1.5k減でかなりスリムになりました?

ラフの心配をしていただき、応援や励ましの温かいおことばをくださった皆さま
快復を信じて祈ってくださった方々
その後の容態を気遣っていただきメールや電話をくださったお友だち。
ご自身のブログで心配して取り上げていただき又膝ナンコツの危険性を伝えて下さったお友だち。
(まだ、そちらに行けてませんが、後日伺いますね。)

たくさんの方の優しい気持ちに感謝しています。
ほんとうにありがとうございました。

ラフはお陰さまで元気です。
食欲も旺盛で1.5kgほど減った体重もすぐもどりそうなくらいです。
心配だったうんちも少しずつするようになり、一安心です。
凄い回復力にびっくりしています。

疲れはまだあるので、よく休んでいますが電話や来客の気配にはワンワン元気に反応してます。(笑)
退院した夜、ラフが寝てる時になでると、「ウ”----!」って唸ったり
初めてごはんをあげた時に威嚇して寄せ付けなかったり、なんらかの変化はありましたが今は普段のラフに戻っているので安心です。

ちょうど1週間前の事でした。
5日間の入院。
辛くてしんどかったけれど、この事を無駄にしない為。
落ち着いて振り返って感じた事など。。。
自分への戒めの為に書いておこうと思います。


19日(月)。。。。
牛膝なんこつを食べた翌朝。
ラフが早朝に目覚めてうんちをしたが落ち着き無くウロウロしている。
散歩に行ったが途中で寝転んで動けなくなり抱っこして帰った。
その後、嘔吐、食欲不振で元気が全くない状態。
かかりつけの動物病院で注射2本しました。
その後も同じ状態が続く。
夕方に同じ動物病院へ行きました。
エコーとレントゲンを撮ると直腸に大きなウインナーのような塊が3個あった。
他には原因はなさそうなので
これを浣腸で取るとの事でまず、2時間の点滴をしてから浣腸をしました。
浣腸で出てこなければ、肛門から手で掻き出すとの事でそれでもダメなら手術だそうです。
出そうといきみますが、出てきません。
その日は絶食でした。

P1250344.jpg
お気に入りの場所でウトウト。。。


20日(火)
同じ状態が続き、水も欲しがりません。
どんどん元気がなくなってきました。
朝同じ病院へ、
もう1度浣腸をするとの事でした。
その前の2時間もの点滴
点滴はラフの前足に針を入れるのですが、足を立てていなければ点滴が落ちないので
しんどいラフは寝られないのでとても負担で苦痛です。
夜も熟睡していないなくて、しんどくてモウロウとして
寝そうになるラフの体勢を横で持ち上げてずっと支えていました。
浣腸を注射2本して帰ってきました。
先生は
「今日一日出なくても午後からは浣腸できないので明日の朝、もう1度浣腸して出なかったら掻き出します。」と言われました。
正直、えっ!!まだ浣腸の治療を続ける事に不安を持ちました。

家に帰って、いきんでも出ない状態が続いて
何より、ラフの体力がどんどん落ちていき力も入らなくなりました。
嘔吐物も変なうんち色になり、
朝まで待てないこのままほっといてはラフが危ないと感じました。

他の病院へ電話をしていました。
以前休日に診察してもらったとても設備の整った先生もたくさんおられる病院です。
状態を説明して治療方法を確認しました。
同じようにその方法で進めていくのが一番安全な治療だと言う事だったのですが
これ以上朝まで待てないと言う思いと
その時に電話で言われたコトバ
「医者が何と言おうと、ワンちゃんの事を一番わかっていらっしゃるのは飼い主さんですから!」
背中を強く押されました。
何をしてるんだ私
もう、迷ってなんかいられません。
セカンドオピニオンを選択しょう。
ラフを連れて病院に行ってレントゲン写真を持ってそこの病院で治療してもらおう。

P1250355.jpg
がんばったねラフ

病院に着き先生に「朝まで待てません、どんどん弱っています。」と言う私に
掻き出しても、他に原因があるかも知れないし、
もし手術という事になるかもしれないいのでその時に対応できるかどうかわからないし・・・・
と確かそのような事を話されました。
そんな。。。。。
今になって。。。。。
と思いましたが、そんな事を言ってる場合じゃありません。
それより、その事に私がもっと早く気付くべきでした。
ラフの苦しみをもっと軽くできてた事でしょう。

次の言葉を切り出そうとした時
先生が私が行こうとしていた病院を紹介されました。
ここなら、CTで詳しく確認できるし先生もたくさんいらっしゃると。。。。

これまでの治療経過を書いてもらいレントゲン写真をもらいラフを乗せ20分くらい車を走らせました。

P1250360.jpg
もう安心だよ

病院について先生のようすでラフが危険な状態だと感じました。
最初にCTを撮りました。異物が小腸に止まっているとかなり危ないとの事。
確認した結果ほぼその可能性は無いみたいだったのですが、小腸専門に診られる先生が大阪におられるのでデーターを送っているとの事でした。すばやい連携に感謝です。
ここなら安心できると思いました。

そしてすぐ掻き出す治療が始まりました。
予定時間の30分を過ぎ1時間以上かかりました。
しかし、取れたのは1/3でした、思った以上に硬くて一度にするには負担が大きすぎるとの事でした。
ショックが大きいラフ。。。。
今晩が大きな山だと言われ、後はラフががんばってくれるしかありませんとも。。。

どちらに転んでもおかしくないです。長期戦になります。いくつものを山を越えることに・・・
と言われて
私はただ泣きながら「ラフごめん、ごめんな。。。。」としか言えずに帰って来ました。
P1250362.jpg
ゆっくりおやすみ。おうちだよ。

翌朝の先生からの電話では
状態は変わらず食欲も無く、横になって元気がありません。と深刻な声。

頑張って危機を乗り越えてくれたラフ。
でも元気がない。。。。。大丈夫だろうか。。。。。。
一人病院で不安な日々を送るラフ。。。。。。。


なのに何もできない私。。。昨日はただラフの顔見て泣いているだけ。
そんなんじゃ、ラフが元気になれるわけないやん。
いちばんツライのはラフなんだ。
一生懸命戦っているラフ。。。

ラフに何も伝えてなかった。。。。何やってるんや私。
もうラフの前では泣かないと心に決めました。

がんばっているラフを励ましてあげなければ、おもいっきり誉めてあげよう!

でも、病院の行き帰りの車の中ではポロポロ涙ばっかり。。。

そして面会では
ラフのがんばりをいっぱいいっぱい誉めてあげました。
待っててくれたん。ありがとうラフ。。
元気になってみんな待っているオウチに帰ろうな。。。。
大好きなパン作って食べようなラフ。
また来るし待っててなラフ。。。ぜったいやでラフ。。。

P1260376ぶ


その後電話がありました。
ラフはお昼と3時にご飯を食べた事、ラフ兄と行った面会でラフが元気をもらってがんばった事を話してくださりとても嬉しかったです。

その後の面会では先生いわく私が来たのがわかるみたいで
待合室に入るとワンワンとラフの声が聞けるようになりました。

こんなヒドイ便秘は初めてと積極的に手術をするかどうか慎重に考えながら治療を続けて頂いた担当の先生。
毎回麻酔から醒めにくいラフを心配してずっと側で見守ってくださった先生。
関わっていただいたたくさんの先生に助けられて無事退院できました。
ありがとうございました。

P1260369.jpg
めずらしくめちゃくちゃ明るい色で作りました

このような経験をして、
病院選びの大切さを実感しました。
かかりつけの病院は先生の評判もよく人気もありますが、
医師はお一人で設備も完全とはいえませんでした。
地方の大体の動物病院はこんなかんじかと思いますが
いざという時の為に設備の整った緊急病院を知っておくのも重要な事だと改めて思いました。
そしてなによりも
ワンちゃんの変化にご家族が気付いてあげて素早い決断と行動する事の大切さを感じました。

私はホントにギリギリのところで助けらました。


*問題の牛膝なんこつですが
販売店に事故の事を報告しました。
製品の危険性、そのわりには注意事項の曖昧な点
今後このような事故がおこらないように検討して欲しい事
私の思いを連絡しました。

メーカー側から~
骨製品を購入のお客様に骨の与え方に関する資料を配布する事
牛骨などの与え方とリスクに関するご案内をするページをWEB公開する事
購入予定のお客様に対し注意をする様に早急に対応する事
今後も検討を重ねていく事などの内容のお返事をお見舞いの言葉と一緒にいただきました。
今後も販売はされると思います。
このような事故が2度とおこらないように
この事を真摯に受け止められ、良心的な対応をされる事を願っています


ありがとうございました

ありがとう。。。。ラフ


長い文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

トラックバック

トラックバックURL:
http://lafumimi.blog110.fc2.com/tb.php/127-d7fd5222


▲ページトップ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog